日々の小さなしあわせ~Sydney~


by hiro87lovely
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Barista

ふだんなにげなくのんでいるラテアート。
じつはとっても職人技なのです。
でも1杯のコーヒーが何倍にも幸せな気分にさせてくれます。

e0171258_22532827.jpg
*Late Art



オーストラリアはCafeがいっぱい。
コーヒーはイタリア式が主流です。
エスプレッソマシーンを使いこなせないとカフェでバリスタとしては働けません。
でもこの仕事がけっこう人気。

みんなカフェで働きたい人はバリスタの講習を受けにいきます。

まずはコーヒーの歴史から勉強。

e0171258_22353222.jpg


フェレッシュなお豆。

e0171258_22371092.jpg

次はミルクを温めながらきめ細かい泡をたてる練習。
温度上がりすぎたら牛乳臭くなるし、泡も空気をふくませながら、温度を確認して
様子見ながらこれが上手くつくれないと、
カプチーノもラテもぜ〜んぶまずくなる、、、。
失敗するたびに、牛乳もったいないけどバケツにすてて作り直し。
数えきれないほどやり直しました。

e0171258_2241966.jpg


フィルターバスケットにグラインドしたコーヒーの粉入れて
重いTamperでぐっと圧力かけます。

e0171258_1949837.jpg


マシーンのスッチオンで2ショットのエスプレッソが入ります。

e0171258_2003449.jpg


e0171258_2005014.jpg


このあといろんな種類のコーヒーアートの練習をして
無事サティフィケートをもらいました。

こっちにきて日本とコーヒーの種類が少し違うので、
はじめのうちは、お店でオーダーするのに戸惑いました。
Iced coffeeを注文したら、しぬほど あっま〜いミルクコーヒーシェークでした。


cappuccino
Caffe Late  基本はグラスでグラスの上2㎝は泡だけを注いでArtします。 
Flat White (Australian inventionだそうです) 
       espresso :milk=1:2表面に泡立てたミルク注ぐ。
Long black  日本のブラックコーヒーに近いかな〜。
Caffe Mocha
White Cafe Mocha
Long Macchiato
Viena
Hot Chocolate
Babycino
Affogato etc、、、、。

まだまだいっぱい作りました。けっこうな力仕事で終わる頃はもうヘトヘトでした。
おいしい愛情のこもったコーヒーが入れられるようになるにはまだまだ修行が必要です。

帰り道、
偶然また大好きな音色のギタリストに会ったので、何曲か聞いて帰りました。
ほんとに素敵な音色です♪音色にもその人らしさがでるんだろうな〜。
あれ?って最後この写真でしめですか、、、。


e0171258_20371362.jpg

[PR]
by hiro87lovely | 2010-01-07 22:54 | すきなもの